結婚指輪に込められている意味とは?選び方などのよくある疑問や解決策を紹介

当サイトでは結婚指輪の選び方など、よくある疑問や解決策をご紹介しています。
マリッジリングに込められている意味を知りたい場合にも、参考になるでしょう。
マリッジリングは耐久性の高い素材がおすすめなのか、という問いにもお答えしています。
指輪を選ぶ際のポイントとして知っておくと安心です。
それからシンプルなデザインの指輪が人気を集める理由も説明しています。
好みに合うデザインの指輪を見つける際の参考になるかもしれません。

結婚指輪に込められている意味とは?選び方などのよくある疑問や解決策を紹介

結婚指輪には何の意味があるのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
結婚指輪は既婚の男女が左手の薬指に付ける指輪です。
結婚していることを周囲に知らせる意味があります。
そのような結婚指輪の選び方に関しては、様々な疑問を持たれることが多いでしょう。
自分に似合いつつも、納得して愛用できるような指輪を選ぶためにも疑問点がある場合にはネットで調べるなどしてあらかじめ解決させておくのがおすすめです。

結婚指輪の歴史と込められている意味とは?

結婚指輪の歴史は古く、古代ローマ時代にまで遡ります。
古代ローマ時代、妻は夫に忠誠を誓う証として鉄の輪を指にはめていました。
当時のローマでは薬指は心臓につながっていると考えられていたため、結婚指輪も薬指にはめていた事がわかっています。
さらに時代が流れて9世紀のローマ教皇ニコラウス1世の時代、初めて結婚指輪の交換が行われました。
花嫁には金の指輪、花婿には鉄の指輪です。
ダイヤモンドには不屈の力、永遠という意味があるため、長く続く結婚もダイヤモンドのように固い絆で結ばれるようにと願いを込めて使用されるようになりました。
13世紀には男女が結婚の際に指輪の交換をするのが一般的となっており、様々な国へと広がっています。
ちなみに、ダイヤモンドの結婚指輪が初めて登場したのは15世紀頃だったといわれています。
それから日本にまで伝わったのは戦後です。
日本では結婚式で指輪交換をするカップルは97%に及ぶとされています。

結婚指輪をつけっぱなしにするメリット・デメリット

結婚指輪は日常的に指にすることを前提として作りますが、外した方がよいシチュエーションもあります。
まず結婚指輪をつけっぱなしにするメリットですが、いつも相手を身近に感じることができる、より絆を感じられることです。
たとえそこにいなくても指輪を見ることで相手の存在を身近に感じることができます。
また紛失を防ぐこともできます。
家の中であれば探せば見つかるかもしれませんが、外出先で紛失した場合はどこにあるのか探すのはとても難しいです。
つけっぱなしにすることのデメリットは、指輪に傷が付く、変色する、変形することです。
固い物にあたると傷が付きますし、つけたままま温泉に入ると成分で輝きが失われたり変色します。
重いものをもつことで荷重がかかり変形することもあるため、時間が経つに従い当初の美しさが失われていきます。
衛生面でも問題が生じることがあり、指と指輪の間に雑菌が繁殖して食中毒や皮膚炎の原因になることがあります。

結婚指輪のサイズが分からない場合の対処法

結婚指輪のサイズが分からない場合の対処法ですが、誰にでもすぐ思いつくやり方で、かつ正確性の点で最適なものは、ジュエリーショップに行って店員さんに測定してもらうことです。
相手はプロですから間違いなく丁度合う大きさを調べてくれるに違いありません。
ただ、そのためだけにあえてショップまで行くのかということも当然あって、自分自身で結婚指輪の大きさを測るくらいは実は何でもありません。
用紙を細長く切って指に巻き付け、ペンで印をつけるなりして周囲の長さを測れば済むことだからです。
ミリメートル単位で長さを正確に測定すれば、号数との対比表から簡単に調べることができます。
ちなみに、結婚指輪ではあまり無いと思われますが、婚約指輪の場合にはサプライズで贈りたいから、相手の女性のサイズを何とかして知る方法はないかと悩む男性もいたりします。
この場合も寝ている間に紙や糸を使って長さを測る方法がありますし、既に左手薬指に合う指輪を持っている彼女なら身に付けていないスキを狙ってこっそり測る方法もあります。

結婚指輪の製造方法は2種類に分けられる

結婚指輪の製造方法は鍛造・鋳造の2種類に分けられ、それぞれの方法によって作り方や特徴が異なります。
まず鍛造(たんぞう)製造は、金属をハンマーや機械で叩いて整形する方法であり、一つ一つ職人の手作業で作るため大量生産が難しく職人の技量によって仕上がりが大きく決まります。
最近では機械で作るプレス製法も利用されるようになり、大量に生産することが可能となっています。
この方法で指輪を作るメリットは、指輪のベースとなる金属を叩いてしっかり鍛えることから、密度が向上し耐久性の高い仕上がりになります。
硬度も高くなるので日常使いをしても傷つきにくいですし、研磨するほど輝きが増していきます。
鋳造(ちゅうぞう)製法は、金属を溶かして専用の型に流し込んで形成する方法であり、手間がかかりにくいことから鍛造よりも短期間で大量生産することが可能です。
この方法で指輪を作るメリットは、必要な金属を流し込んで形成するので生産コストを抑えつつ短期間で大量生産をすることが可能です。
金属を溶かしデザインの基本となる型を作るので、実用性のある指輪から複雑で繊細なデザインまで自由度が高い結婚指輪に仕上がることも魅力の1つです。

結婚指輪に関する情報サイト
結婚指輪の疑問を解決!

当サイトでは結婚指輪の選び方など、よくある疑問や解決策をご紹介しています。マリッジリングに込められている意味を知りたい場合にも、参考になるでしょう。マリッジリングは耐久性の高い素材がおすすめなのか、という問いにもお答えしています。指輪を選ぶ際のポイントとして知っておくと安心です。それからシンプルなデザインの指輪が人気を集める理由も説明しています。好みに合うデザインの指輪を見つける際の参考になるかもしれません。

Search